合宿免許とプランによる料金の差

合宿免許というのは、いまでは全国のドライビングスクールで取り扱っていますので、多くのなかから比較検討して、いちばん条件のよいところに申しこめばよいといえます。
自宅からドライビングスクールに行くための交通費は、離れたところにある場合にはそれなりにかかりますが、通常の場合ですと、ドライビングスクールのほうが負担をしてくれますので、あまり往復の運賃については考慮しなくてもよいでしょう。ただし、合宿免許そのものの料金というのは、やはり数十万円単位でかかるものですので、あらかじめ準備をしておかなければならないことになります。

こうした代金をできるだけ安くするには、同じ合宿免許であっても、プランの違いがあることを利用するのが有効であるといえます。



たとえば、合宿免許はホテルや宿舎などでの泊まり込みとなりますので、必然的に食事代がかかるものですが、場合によっては食事の部分は自炊として、ドライビングスクール側では提供しないとしているものがあります。
こうした場合、食事の分だけ料金を節約することができますので、自炊が得意であるという人にはうってつけのプランといえます。また、宿泊する場合に関しても、ホテルではなく、ウィークリーマンションのような場所であれば、料金がかなり安くなります。



サービスについては当然のこととしてホテルのほうが水準が上ですが、単に寝泊まりをするだけならば、ウィークリーマンションで手軽にすませるのもよいかもしれません。